「不妊治療で休める社会に」 田村厚労相、環境整備取り組む考え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 不妊治療の助成拡充を巡り、田村憲久厚生労働相は6日の記者会見で、「(治療のために)休みが取れる環境を社会に実装できるようにしたい」と述べ、柔軟な休暇取得など、不妊治療と仕事の両立に向けた環境整備に取り組む考えを示した。

 政府は将来的な保険適用拡大に向け、まずは助成制度を拡充する方向だ。ただ、治療に…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集