メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株反発、465ドル高 トランプ大統領「快方」で買い

ニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 週明け5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比465・83ドル高の2万8148・64ドルで取引を終えた。終値で約3週間ぶりに節目の2万8000ドルを回復し、9月上旬以来、約1カ月ぶりの高値水準。新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の容体が快方に向かったため、投資家…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです