退院のトランプ氏「コロナを恐れるな」強調 周辺では感染相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスに感染したドナルド・トランプ米大統領(74)は5日夕(日本時間6日朝)、首都ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院を退院し、大統領専用ヘリコプターでホワイトハウスに戻った。トランプ氏は2日未明にウイルス検査で陽性判定が出たと公表。その後、高熱と血中酸素濃度低下の症状がみられ同日夕から入院していた。

 スーツ姿のトランプ氏は建物を出て階段を下りると、待機していた車列まで徒歩で向かった。記者団の問いかけには答えず「皆さん、ありがとう」とだけ語り、親指を立てた。病院敷地内で専用ヘリに乗り換え、約10分後にホワイトハウスに到着。2階バルコニーに上ると、着用していたマスクを外してヘリに敬礼した。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文813文字)

あわせて読みたい

注目の特集