メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対中巡り微妙な温度差 共同声明見送る 日米豪印外相会談

日米豪印外相会合に臨む(左から)ジャイシャンカル印外相、茂木敏充外相、ペイン豪外相、ポンペオ米国務長官=東京都港区の外務省飯倉公館で2020年10月6日午後5時19分、長谷川直亮撮影

 東京で6日に開催された日本、米国、オーストラリア、インド4カ国の外相会談は、新型コロナウイルスの感染拡大下で影響力を増す中国を念頭に、民主主義などの価値観を共有する「同志国」が結束をアピールする場となった。4カ国の連携に向けた機運は高まっているが、米国が中国との対立を強める一方、日本は経済回復に向けた中国との関係改善を重視するなど対中姿勢にはズレも出始めている。

 「さまざまな分野で既存の国際秩序が挑戦を受け、新型コロナウイルスの拡大はこの傾向を加速化させている。我々志を同じくする4カ国の外相が東京に集まり、対面だからこそできる胸襟を開いた議論で認識を共有し、協力を深めたい」。茂木敏充外相は会談の冒頭で中国を名指しせず、4カ国の連携の意義を強調した。

 日本は「自由で開かれたインド太平洋」構想…

この記事は有料記事です。

残り1956文字(全文2306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです