特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

日本政府の難民2人長期収容「国際法違反で差別」 国連人権理事会部会が指摘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都千代田区の参院議員会館で記者会見するサファリ・ディマン・ヘイダー氏(左)とデニズ・イェンギン氏=2020年10月5日午後4時49分、和田浩明撮影
東京都千代田区の参院議員会館で記者会見するサファリ・ディマン・ヘイダー氏(左)とデニズ・イェンギン氏=2020年10月5日午後4時49分、和田浩明撮影

 日本で難民申請中の外国人2人が精神疾患などを訴えたのに入管施設に長期にわたり繰り返し収容した入管当局の対応について、国連人権理事会の「恣意(しい)的拘禁作業部会」は、「恣意的な拘禁などを禁じる国際法に違反する」との見解を示した。外国人らを支援する弁護士グループが5日、東京都内で記者会見し明らかにした。同グループによると、国内の難民への対応を巡り、こうした判断は初めて。同部会は入管法を国際人権基準に沿って見直すことや当事者への賠償なども求めており、日本政府の対応が注目される。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1670文字(全文1929文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集