三重・鳥羽の養殖カキ、2季連続大量死 大手業者「7割死んだ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
数多くの養殖いかだが浮かぶ=三重県鳥羽市浦村町で、林一茂撮影
数多くの養殖いかだが浮かぶ=三重県鳥羽市浦村町で、林一茂撮影

 カキの水揚げが始まった三重県鳥羽市で、いかだで養殖中のカキが大量死していることが5日、市水産研究所の調査で判明した。養殖カキの大量死が初めて確認された昨シーズン(2019年10月~20年4月)に続く発生で、急激な温度変化が原因とみられる。同研究所は、現在のところ死んでいるのは5割程度と推定しているが、養殖業者のなかには「7割ほどが死んだ」と話す人もいて、これから本番を迎えるカキシーズンを前に頭を抱えている。【林一茂】

 同研究所は、昨シーズンの大量死を受け、主査研究員の岩尾豊紀さん(43)が8月から各漁場で聞き取り調査を始めた。さらに、市内の養殖漁場の7カ所で水温やプランクトン、塩分などの観測を実施した。

 大量死の原因はまだ確定していないが、岩尾さんは「8…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文760文字)

あわせて読みたい

注目の特集