「食べてくれた!」耕作放棄地→サトウキビ畑 大分の農家がゾウの餌を栽培

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サトウキビを食べるアジアゾウ=大分県宇佐市安心院町南畑のアフリカンサファリで2020年9月4日午前10時15分、津島史人撮影
サトウキビを食べるアジアゾウ=大分県宇佐市安心院町南畑のアフリカンサファリで2020年9月4日午前10時15分、津島史人撮影

 大分県宇佐市の九州自然動物公園「アフリカンサファリ」と県内の若手農家が、耕作放棄地でサトウキビを栽培して園のアジアゾウの餌にするプロジェクトに取り組んでいる。耕作放棄地の有効活用と、餌のコスト削減という「一石二鳥」の試み。今後は栽培面積を広げ、サトウキビの供給拠点にすることも目指す。

 9月4日、アフリカンサファリのアジアゾウゾーン。試験栽培されたサトウキビ約20キロが運び込まれると、5頭のゾウが鼻を使って次々と口に入れた。パキパキと折れるサトウキビの音と食欲旺盛なゾウの姿に、生産者の同県別府市の恒松敬章さん(32)は「食べてくれた」と感激した様子。獣医師の神田岳委(いわい)園長も笑顔を見せた。

 神田園長によると、サトウキビはゾウの好物で、飼育が盛んなタイなどでは主食にしている。食物繊維が豊富で体調管理にも適しているため、普段は牧草を与えている園も「もっと食べさせたい」と考えていた。ただ、県内で栽培されていたのは半世紀以上前のことで、頼りは国内生産のほぼ100%を占める鹿児島、沖縄産。空輸のコストがかさむだけでなく、焼酎などへの加工が優先されて安定確保が難しいこともあり、「おやつ程度」の…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文1018文字)

あわせて読みたい

注目の特集