メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科相、義務教育オンライン化に慎重 授業日数へのカウント「考えていない」

萩生田光一文部科学相

[PR]

 萩生田光一文部科学相は6日の閣議後記者会見で、教育分野のデジタル化について、「すべての授業がオンラインで代替できる、授業日数にカウントする、というのは今の段階では考えていない」と述べ、義務教育段階での授業のオンライン化に慎重な考えを示した。

 今月2日に河野太郎行政改革担当相、平井卓也デジタル改革担当相と意見交換した際にも、「義務教育は対面、集団でさまざまな活動をするわけであり、授業を映像で見たか見ないかというだけでは学校の意味は出せない」との認識を伝えたことを明らかにした。萩生田氏によると、河野氏と平井氏はこの考えに理解を示したという。

 教室と自宅などをオンラインでつなぐ遠隔授業は、小中学校では原則認められていない。新型コロナウイルスの感染拡大による全国的な休校期間中に「オンライン授業」が広がったが、文科省は授業とは位置づけておらず、学習内容が定着している場合は改めて対面で教える必要はないとの見解を示すにとどめている。【大久保昂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです