特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

ファクトチェック

「学術会議OBは学士院で死ぬまで年金250万円」 フジ解説委員発言は誤り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本学術会議の任命拒否問題に絡み、フジテレビの5日昼の情報番組「バイキングMORE」で、平井文夫上席解説委員が「会員OBは日本学士院会員になり、死ぬまで250万円の年金をもらえる。そういうルールになっている」と発言し、インターネット上で拡散された。同様の発言をする与党議員もいたが、日本学士院などに確認すると、日本学術会議OBが学士院会員になるというルールはなく、発言は誤りだった。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

「税金でやっているのは日本だけ」発言も

 平井氏は、日本学術会議のように、公金で運営している学術団体は「欧米は全部民間。日本だけが税金でやっている」と発言したうえで、さらにこう続けた。

 「民営化して、自分たちで会費を払って、提言すればいいんじゃないですか。だってこの人たち6年、ここで働いたら、その後、学士院というところに行って、年間250万円年金もらえるんですよ。死ぬまで。みなさんの税金から。そういうルールになってるんです」

 この平井…

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文2124文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集