特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ロッテ、新たに11人がコロナ陽性 荻野、角中、鳥谷ら7選手も 6日の試合は予定通り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
4日の西武戦で生還した選手を迎えるロッテの(右から)荻野貴司外野手、(1人おいて)藤岡裕大内野手、(1人おいて)三木亮内野手、角中勝也外野手、鳥谷敬内野手=千葉市のZOZOマリンスタジアム
4日の西武戦で生還した選手を迎えるロッテの(右から)荻野貴司外野手、(1人おいて)藤岡裕大内野手、(1人おいて)三木亮内野手、角中勝也外野手、鳥谷敬内野手=千葉市のZOZOマリンスタジアム

 プロ野球・ロッテは6日、荻野貴司外野手(34)や角中勝也外野手(33)、鳥谷敬内野手(39)ら1軍の選手7人を含む11人が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で新たに陽性と判定されたと発表した。選手7人は同日、出場選手登録を抹消され、2軍から11人が昇格した。球団内の感染者は4日に判明した岩下大輝投手(24)らを含め計13人となった。球団は千葉市の保健所などと協議し、6日のオリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)を予定通り開催した。

 球団は岩下投手と1軍のチームスタッフ1人の感染が確認されたため、1、2軍の監督や選手らのPCR検査を実施した。他に陽性と判定された選手は清田育宏外野手(34)▽菅野剛士外野手(27)▽藤岡裕大内野手(27)▽三木亮内野手(28)。1軍の伊志嶺翔大コーチ(32)とチームスタッフ3人も陽性だった。今のところ選手は全員症状が無く自宅待機している。2軍に感染者はいなかった。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文751文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集