特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

頼りになる「ポケットの中のお守り」 NTT東日本を本大会へ導く 都市対抗東京第2代表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【セガサミー-NTT東日本】力投するNTT東日本の大竹=大田スタジアムで2020年10月6日、西夏生撮影
【セガサミー-NTT東日本】力投するNTT東日本の大竹=大田スタジアムで2020年10月6日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東京2次予選は6日、東京・大田スタジアムで第2代表決定戦があり、NTT東日本が3―1でセガサミーを破り、5年連続44回目の本大会出場を決めた。

 本大会出場を懸けた緊迫した展開でも、動じる風はなし。やはり最後はチームの「お守り」が試合を締めた。

 NTT東日本の飯塚智広監督が七回、好投の先発・沼田優雅に代えてマウンドを託したのは、13年目のベテラン右腕、大竹飛鳥だ。この回1死一、二塁のピンチを招いたが、内角への変化球で空振り三振。続く打者には、「腕がちぎれてもいい。沼田を勝ち投手にしたい」と、138キロの内角球で詰まらせ、左飛で切り抜けた。

 がっちりした体格で球速以上に威力を感…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文626文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る