メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリパラ for キッズ

/75 レジェンド編 シンクロナイズドスイミング 小谷実可子さん 人気競技の立役者

チョウのように舞い銅メダルを獲得した小谷実可子選手=ソウルで1988年9月、川辺章生撮影                                                                                                                                                                             
2020年開催地が東京に決まった瞬間、手を取り合って喜ぶ滝川クリステルさん(左)と小谷実可子さん=ブエノスアイレスで 2013年9月(代表撮影)

[PR]

 1980ねんだい、シンクロナイズドスイミング(アーティスティックスイミングに名称めいしょう変更へんこう)は、オリンピック(五輪ごりん)で注目ちゅうもくされる競技きょうぎになりました。人気にんきげたのは、小谷実可子こたにみかこさんの活躍かつやくでした。

 88ねんがつ30にち、ソウル五輪ごりんのソロ決勝けっしょう小谷こたにさんは、ダイナミックさと、しなやかさがとけった演技えんぎどうメダルを獲得かくとく。10がつついたちには田中たなかウルヴェみやこさんとんだデュエットでも、どうメダルをりました。

◇  ◇  ◇

 ソウル五輪ごりん休養きゅうようはいり、98ねん冬季とうき五輪ごりん開催かいさい立候補りっこうほしていた長野ながの招致しょうちだんくわわると、開催地かいさいち長野ながのまる瞬間しゅんかん見守みまもりました。ここで競技きょうぎささえる裏方うらかたやスポーツの奥深おくぶかさをった小谷こたにさんは、ふたた五輪ごりん舞台ぶたい目指めざします。

 しかし、25さいとなって体力たいりょくち、後輩こうはいきゅう成長せいちょう代表だいひょう選考せんこうかいでは後輩こうはい奥野史子おくのふみこさんにやぶれます。小谷こたにさんはデュエットのみの代表だいひょうとなりました。

◇  ◇  ◇

 92ねんがつなのか、ついにバルセロナ五輪ごりんのデュエット決勝けっしょうをむかえます。本番ほんばん直前ちょくぜん代表選手だいひょうせんしゅにん演技えんぎおこない、調子ちょうしなかった小谷こたにさんはメンバーからはずれました。

 小谷こたにさんはスタンドで扇子せんすって応援おうえん後輩こうはいふたりどうメダルを見届みとどけます。試合後しあいご小谷こたにさんは「ここまでられただけで満足まんぞく」と気丈きじょうかたりました。

 小谷こたにさんは引退後いんたいご東京とうきょう五輪招致ごりんしょうち活動かつどうたずさわり、現在げんざい日本にほんオリンピック委員会いいんかい理事りじとして活動かつどうつづけています。【まとめ・武本たけもと亮子りょうこ


 ◆忍法帳にんぽうちょう

くずれないかみのヒミツ

 アーティスティックスイミングの選手せんしゅたちは、みずなかにもぐって演技えんぎをしても、きれいにまとめたかみがくずれません。かみかためるために使つかわれているのは、ゼリーをつくるときに使つかう「ゼラチン」です。45くらいのおけるようになっているため、みずなかではけず、演技えんぎにはシャワーであらながせるすぐれものです。


プロフィル

 1966ねんまれ、東京都出身とうきょうとしゅっしん小学校しょうがっこうねんからシンクロをはじめました。高校こうこう在学ざいがくちゅう単身たんしんで1ねんかん、アメリカに留学りゅうがく。88ねんのソウル五輪ごりんでは、夏季五輪かきごりん女性じょせいでははじめて日本選手にほんせんしゅだん旗手きしゅつとめました。92ねんのバルセロナ五輪ごりん引退いんたいしました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです