特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

熱血!与良政談

中国がうらやましいのか=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 見せしめ。日本学術会議の新会員候補のうち6人の任命を、菅義偉首相が拒んだ話を聞いて、思い浮かべたのがこの言葉だった。

 戦前の反省から設立された学術会議は1967年、軍事研究には関与しないとの声明を出し、安倍晋三前政権時代の2017年にもそれを継承する姿勢を示した。

 軍事転用可能な科学技術の振興も経済成長戦略と位置づける官邸側は、それ以前から会議に不満を持っていたようだ。実際、16年の一部補充人事でも介入した形跡がある。突然の話ではないのだ。

 6人は安全保障法制等々に異論を唱えてきた。菅首相はそれとは無関係と語るが、拒否の理由は言わない。首相が求める「総合的、俯瞰(ふかん)的活動の確保」の意味も分からない。そこには陰湿さが漂う。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文951文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集