連載

定型の窓から

俳人・片山由美子さんによるエッセーです。

連載一覧

定型の窓から

「天高く馬肥ゆる秋」=片山由美子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

天いよよ高し天山馬遊ぶ 松崎鉄之介

天高し分れては合ふ絹の道 有馬朗人

 最近あまり耳にしなくなったが、かつては秋の晴天が続くころになると「天高く馬肥ゆる秋」と言ったものである。

 要は「食欲の秋」の話題になるのだが、どうもこれは本来の意味合いと違うらしい。

 手元の辞書に当たってみると、「空が澄みわたって晴れ、馬が食欲を増し肥えてたくましくなる秋」の意の慣用表現と書かれている。別の辞書にも「空が高く感じられるほどに澄みわたり、馬も肥えるような収穫の秋。秋の季節のすばらしさを言う」とある。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1231文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集