メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

今の世に問う言葉

 NHK連続テレビ小説「エール」は現在、戦時中を描いている。先週分では太平洋戦争が始まり、主人公の裕一(窪田正孝)は戦時歌謡の作曲で忙しい毎日だ。一方、妻の音(二階堂ふみ)は、戦意高揚活動を行う「音楽挺身(ていしん)隊」に参加するが、「聴く人の心が豊かになってほしい」という信念を、隊の指導者に「生ぬるい」「非国民」などと否定され、活動から追い出されてしまう。

 音の受けた仕打ちが、現代の日本で起きている出来事と重なった。例えば、日本学術会議が推薦した会員候補の6人の学者を、菅義偉首相が任命しなかった問題。首相は理由を明らかにしていないが、6人は安保法制などで政府に批判的な立場にあったという。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです