メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食用バッタいかが 栄養価高く 食感サクサク 弘前大と企業、加工へ研究 /青森

弘前大と昆虫食専門会社「TAKEO」が、食料利用に向けた共同研究を始めたトノサマバッタ=NPO法人食用昆虫科学研究会の佐伯真二郎理事長提供

 弘前大と昆虫食専門会社「TAKEO(タケオ)」(東京)は、トノサマバッタの食料利用に向けた共同研究を始めた。栄養価の高さが注目されており、タケオの担当者は「素揚げにすると川エビのようなサクサクした食感になる」と話す。飼育データを収集して安定的にバッタを確保できるよう取り組み、2021年にはせんべいなどの加工食品化を目指す。

 世界では、将来的な人口増加と食料不足の予測から、昆虫を従来の牛や豚に代わる新たなタンパク源として注目する動きがある。タケオの三橋亮太さん(33)は「まずは一般の食材として家庭や飲食店で提供されるよう普及させたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです