県「ケアラー週間」検討 「社会全体で支援」啓発へ /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は6日、無償で身近な人を介護する「ケアラー」を社会全体で支援するために、集中的な啓発活動に取り組む「ケアラー週間」創設を検討する考えを示した。山崎達也福祉部長が県議会一般質問で答弁した。

 県議会は3月、通学や仕事をしながら家族の介護や世話をする子ども「ヤングケアラー」の支援を盛り込んだ全国初の条例案を可決・成立させた。議員提案の条…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集