メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときドキ!さいたま~ず

岩崎愛さん 歴史眠る公園に小さな旅 /埼玉

大宮公園内の「遊園地ホテル」の跡地を歩く岩崎キャスターと宮瀧さん(右)=岩崎さん提供

 台風12号が首都圏に近づいていた9月下旬。10月5日の「ひるまえほっと」で放映された「旅ロケ」をやりました。新型コロナウイルスの影響で、私がこの手のロケを担当するのは、今年まだ3回目。2月に梅の見ごろを迎えていた越生町、7月にアニメ文化が根付く秩父をリポートして以来でした。

 今回のロケは、絵はがきを手がかりに、埼玉県内のかつての「リゾート地」を巡るというものでした。場所は、さいたま市内の「大宮公園」(大宮区、見沼区)と「別所沼公園」(南区)の2カ所。明治から昭和の時代、両公園が箱根や軽井沢と肩を並べるリゾート地だったと聞いて、意外に思いませんか? 少なくとも私は「へーっ!」でした。

 旅に同行していただいた案内人は、元学芸員で大東文化大学文学部教授(観光歴史学)の宮瀧交二さん。「日刊! さいたま~ず」でもおなじみの「埼玉史の達人」ですが、30年前から県内の名所を扱った絵はがきを収集し、3000枚を所有しています。その中から両公園の絵はがきを何枚か選び、今の風景と比べてみることにしました。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです