メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内初、てんかん診療拠点 山梨大付属病院指定 /山梨

 県は6日、てんかん患者への支援強化などを担う「てんかん診療拠点機関」に、山梨大医学部付属病院を指定したと発表した。県内では初。今後、地域連携によるてんかん診療を目指し、自ら診療に当たるほか、県内の患者を居住地域の専門医に適切につなぐ役割も果たす。

 てんかんは、脳の外傷や腫瘍などが原因で、脳細胞が一時的に過剰な信号を出すことで起きる慢性の病気。発作が出ると、手足のしびれ、耳鳴り、動悸(どうき)、吐き気、意識喪失、言…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです