メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海BIZ

愛知県豊川市 山本製作所 ワクワク生む「創造業」 /愛知

「しっぽ貸し手」にマスクをかける田中倫子社長=愛知県豊川市で2020年9月23日、田口雅士撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、猫をかたどった真ちゅう製のマスクかけ「しっぽ貸し手」が話題を集めている。手掛けたのは、従業員10人に満たない山本製作所(愛知県豊川市)。電気部品の加工などを担う町工場だ。田中倫子(ともこ)社長(35)は「製造業は創造業になる」をスローガンに掲げ、ものづくりに励んでいる。

 しっぽ貸し手は、コロナ禍で医療従事者から「マスクの内側をきれいに保てるマスクかけを作ってよ」と言われたのがきっかけ。会社にやって来るようになった野良猫にデザインのヒントを得た。しっぽがフックになっており、マスクの一時保管に役立つアイデア商品が出来上がった。

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです