メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県展314点、審査始まる 書の最優秀、吉沢さんに /和歌山

書の作品を審査する審査員たち=和歌山市小松原通1の和歌山県民文化会館で、新宮達撮影

 第74回県美術展覧会(県展=県主催、県教委、県立近代美術館、県美術家協会、毎日新聞和歌山支局、県文化振興財団、橋本市、新宮市、上富田町共催)の作品審査が6日、和歌山市小松原通1の県民文化会館で始まった。審査は12日まで。

 出品作品は、書75▽洋画111▽彫塑5▽日本画23▽工芸35▽写真62▽華道3――の計314点。作品数は昨年の約4分の3に減っており、新型コロナウイルスが影響したと…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです