メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 紀陽銀が県に検査機器寄贈 /和歌山

検査機器寄贈の目録を持つ仁坂吉伸知事(左から2人目)と感謝状を手にする松岡靖之頭取(同3人目)=和歌山県庁で、木原真希撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染症対策に役立ててもらおうと、紀陽銀行(和歌山市)は5日、県に検査関連機器(総額約1126万円)を寄贈した。

 寄贈されたのは、PCR検査前に必要とされる遺伝子抽出のための処理装置1台と、3000検体分の「新型コロナウイルス検出試薬キット」など。

 県によると、現在1日最大100検体の検査処理能力のところ、今回の装置寄贈で同150検体まで対応できるようになるという。

 この日は、県庁で贈呈式があり、松岡靖之頭取が仁坂吉伸知事に目録を贈呈。仁坂知事は松岡頭取に感謝状を手渡し、「機器が増えることで効率良く仕事ができるので大変助かる」と述べた。【木原真希】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです