メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農の歳時記

JA紀州 極早生ミカン出荷 糖、酸のバランスよく高品質 /和歌山

 温州ミカンには、極早生(ごくわせ)、早生、中生(なかて)、晩生(おくて)の4種類があり、10月に入り、極早生ミカンの出荷が始まった。

 極早生ミカン「ゆら早生」は、1985年にJA紀州管内の由良町で栽培していた「宮川早生」の枝変わりとして見つかった。地元生産者が品質改良を重ねてきた。極早生品種の中でも高糖度でおいしく、市場・消費者から高い評価を得ている。

 今年は5月10日に花が満開となった。梅雨が長かったため降雨量が多く、生育初期は果実の肥大が良好で、平年より4ミリ大きかったが、糖度は低かった。しかし、8月以降は晴天が続いたため、やや小玉傾向になったが、糖度は高くなっている。着色は夜温が比較的高いため、平年よりやや遅れ気味だが、病害虫の被害も少なく、順調に生育している。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです