毎日社会福祉顕彰受賞 「ヒカリカナタ基金」理事長・竹内昌彦さん(75) 希望の光、かなたまで /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カンボジアを訪れ、ヒカリカナタ基金の支援で目の手術を受ける幼児を抱く竹内昌彦さん=竹内さん提供
カンボジアを訪れ、ヒカリカナタ基金の支援で目の手術を受ける幼児を抱く竹内昌彦さん=竹内さん提供

「支援の輪広げたい」

 第50回毎日社会福祉顕彰を受賞した元県立岡山盲学校教頭で認定NPO法人「ヒカリカナタ基金」理事長の竹内昌彦さん(75)=岡山市中区=は、途上国の子どもたちの眼病治療を支援するなど国内外で長年、視覚障害者の支援や差別解消を訴えてきた。「多くの仲間の協力で活動を続けられた。受賞を励みに支援の輪を広げたい」と感謝と喜びを口にする。【石川勝己】

 竹内さんは生後間もなくかかった病気で視力を失い、小学生の時に全盲となった。普通学級で度々いじめに遭ったが、両親の励ましもありたくましく成長。東京教育大(現筑波大)を卒業し、県立岡山盲学校の教員になった。1991年から人権教育の一環として小中高校や公民館、刑務所など各地で講演し、自身の経験を基に障害者差別の不当性や命の大切さを唱えてきた。「いじめは命にかかわる場合もある。特に子どもたちには『絶対死…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文814文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集