メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井事件 受領13県議、説明せず 「自浄能力ない」批判も 県議会閉会 /広島

議会棟の前で抗議する市民団体のメンバーら=広島市中区で2020年10月6日午前9時16分、賀有勇撮影

 9月県議会は6日、後味の悪さを残したまま閉会した。提出議案は全て原案通り可決されたものの、参院議員の河井案里被告(47)=公職選挙法違反で公判中=が初当選した2019年参院選を巡る大規模買収事件で、案里議員や夫で衆院議員の克行被告(57)=同=から現金を受領したとされる県議13人が説明する場を設けなかったためだ。説明責任を果たすよう求める県民は少なくなく、この日も議会棟前には訪れた市民らが抗議の声を上げた。【賀有勇、池田一生】

 「やめようお金の選挙 辞職しなさい」。6日、議会棟前で市民団体が掲げた横断幕にはそう記されていた。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 東京で新たに584人の感染確認 過去最多

  4. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  5. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです