連載

子どもたちの伝言

子どもたちが抱える学校内外での課題を、執筆者と一緒に考えます。

連載一覧

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/164 対面授業 大学生活の意義考える /四国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大学では後期が始まりました。新型コロナウイルス感染の終息が見えない中、多くの大学で対面授業を再開しました。ただ、感染リスクがあるため、オンラインと対面を併用する形が中心であり、文部科学省によると、全国の国公私立大学・短大1003校のうち、824校が後期授業で対面とオンラインを併用すると回答しています。大学側としてはクラスター発生防止に神経をとがらせているのです。

 四国内の大学では、6月ごろから対面授業を徐々に開始していたため、混乱や戸惑いはないようですが、都市部の大学ではそうはいかないようです。例えば、東京のある大学では、キャンパスに滞在する学生を平常時の3分の1に抑制したり、大学内でも別教室でオンライン授業を受けたりと、さまざまな工夫を重ねています。また一部の大学では、学生や教職員全員にPCR検査を実施するなど、涙ぐましい努力を重ねているのです。一方で…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文835文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集