メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真館 九州豪雨 木造の宝、宿の灯を再び 熊本 /九州

木造3階建ての鶴之湯旅館の復旧に励む土山大典さん=熊本県八代市で

 7月の九州豪雨で被害を受けた熊本県八代市坂本町の「鶴之湯旅館」で、営業再開に向けた修復作業が一歩ずつ進んでいる。氾濫した球磨川沿いに建つ築66年の木造3階建て建物は1階が濁流にのまれたが、4代目の土山大典(だいすけ)さん(38)は「これからも川とともに、自然とともにある宿でありたい」と語る。

 濁流は1階の壁を突き破り、屋内に流れ込んだ。土山さんは床板を全てはがし、高圧洗浄機で床下を洗う。「どれだけ取っても、また泥が出てくる」。豪雨から3カ月近くたったが、災害ボランティアの助けも借りて作業を続ける。

 旅館は土山さんの曾祖父が1954年に開業。同じ頃に下流にできた荒瀬ダムのダム湖が旅館の目の前に広がり、部屋からは美しい景観を楽しめた。ダム湖には漕艇場が整備され、旅館は高校、大学の漕艇部の合宿で賑わった。土山さんが小学生の頃、春と夏の合宿シーズンは約80人が泊まり、食事時は、1階の大広間いっぱいに長机が並んだ。母が、地域の女性5、6人の手を借りて切り盛りしていた。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです