困っている高齢者に声かけを 認知症を理解し学ぶ 中学校でサポーター養成講座 豊後高田 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ユマニチュード」のうち触れ方を実践する生徒たち
「ユマニチュード」のうち触れ方を実践する生徒たち

 厚生労働省の推計で2025年には高齢者の5人に1人がなるとされる認知症を理解し、接し方を学ぶ認知症サポーター養成講座が6日、豊後高田市の高田中であった。新型コロナウイルス対策で、体育館で1年生135人中54人が受講。残りの81人は9日に学ぶ。

 認知症を早い段階で知ってもらおうと、市は16年度から市内の中学1年向けに講座を開催。同市の千嶋病…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集