メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞 3氏に物理学賞 ブラックホール存在証明

ロジャー・ペンローズ氏=オックスフォード大のHPより

 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2020年のノーベル物理学賞を、英オックスフォード大のロジャー・ペンローズ名誉教授(89)、独マックスプランク地球外物理学研究所のラインハルト・ゲンツェル氏(68)、米カリフォルニア大ロサンゼルス校のアンドレア・ゲズ教授(55)の3人に贈ると発表した。アカデミーはペンローズ氏の授賞理由を「一般相対性理論によるブラックホールの存在の証明」、他の2人は「天の川銀河の中心に超大質量の天体があることを発見した」としている。

 ブラックホールは、非常に大きな質量の物質が極限まで小さな領域に押し込められた天体。重力が強く光さえも抜け出せない。ペンローズ氏は1965年、一般相対性理論を用いて、ブラックホールが実際に存在することを証明した。理論を提唱した物理学者アインシュタインもブラックホールの存在を信じていなかったため、アカデミーは「アインシュタインを超えるブレークスルー」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです