メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

リベラルの落とし穴=古賀攻

 <sui-setsu>

 菅内閣発足から3週間。全体像の提示より即物的な効果にこだわることや、懸念通り陰湿に人事権を行使することなど、新政権の輪郭がはっきりしてきた。

 国政はこれから野党がどう切り結ぶかに段階を移していくべきだが、体感的な期待値は依然低い。そもそも新旧の立憲民主党の違いすらあまり伝わっていない。

 そんな野党に向けて何とも挑発的なタイトルの本が先月出た。気鋭の弁護士、倉持麟太郎(りんたろう)さん(37)による「リベラルの敵はリベラルにあり」(ちくま新書)だ。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです