河野氏行革、スピード重視 縦割り110番、押印廃止 「性急すぎ」不満も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 河野太郎行政改革担当相が、行政・規制改革への取り組みを加速させている。国の行政手続き上の押印廃止は大半が実現する見通しで、霞が関にある中央官庁の長時間労働にもメスを入れようとしている。ただし、性急な改革には各省庁の不満もくすぶっており、河野氏の今後のかじ取りに注目が集まる。

 「超過勤務にサービス残業が入っていないなど、肌感覚と違う数字が出ている。霞が関の状況を可視化するのが改善の一歩だ」。河野氏は2日、働き方改革をテーマにした会合で述べた。河野氏は「在庁時間」の調査を全省庁に要請する方針で、残業代の基準となる「超過勤務時間」との隔たりを明らかにしたい考えだ。

 河野氏は菅義偉首相の指示を受け、就任翌日の9月17日に行革について意見を広く募る「縦割り110番」を自身のホームページに開設。一時受け付けを休止したが、内閣府の「ホットライン」に統合する形で25日に再開した。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文975文字)

あわせて読みたい

ニュース特集