メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

安倍最長政権の功罪 改憲掲げ、分断長期化=野口武則(政治部)

安保関連法案に反対する集会で、国会正門前の道路を埋め尽くす大勢の人たち=東京都千代田区で2015年8月30日午後2時8分、本社ヘリから森田剛史撮影

 2016年10月、安倍晋三首相(当時)と同8月末に意見交換したジャーナリストの田原総一朗氏を取材した際、「完全オフレコにしてほしいが」とこんな話を始めた。

 「意外だったのは憲法改正について、はっきりと安倍さんが『9条3項に自衛隊を明記したい』と言ったことだ」

 17年5月3日に安倍氏が、憲法に自衛隊明記を目指すと表明する約半年前のことだ。当時は半信半疑だったが、この時のやりとりは安倍政権を展望する核心だったと思う。

安保関連法成立「米国も満足」

 安倍氏は田原氏にこうも語ったという。「(安全…

この記事は有料記事です。

残り1649文字(全文1895文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです