メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21年度予算 民間需要喚起に重点 首相、諮問会議で指示

 菅義偉政権の発足後初となる経済財政諮問会議が6日開かれ、菅首相は「予算編成作業にあたっては、民間需要の喚起につながる施策に重点化していく」と述べ、経済回復に向けた予算作りを指示した。9月末に締め切られた2021年度予算の概算要求は過去最大規模。7日には政府税制調査会も開かれ、税制改正作業も本格化する。強まる歳出拡大圧力の中で財政規律をどう維持するか、課題は多い。

 会議では民間議員が、デジタル化や規制改革を大胆に進めるよう提案。データを活用した費用対効果の高い歳出改革も求めた。年末に向け予算編成や税制改正に絡む政府内の調整はこれから激しさを増すが、取りまとめは一筋縄でいきそうにない。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  3. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  4. 群馬・館林舞台のアニメ「よりもい」、有志がCM 「聖地」放映にファン団結

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです