メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『ヨガジャーナル日本版』 古川久美子・編集長

「ヨガを生活に取り入れ、その思想と哲学にも触れてほしい」と話す古川久美子編集長=東京都千代田区で、木村滋撮影

 (発行・インタースペース、販売・プレジデント社・隔月発行、1100円)

 ヨガの専門誌「ヨガジャーナル日本版」がこの夏、生まれ変わった。発行会社の事業終了が決まって今春から休刊していたが、新たな体制で再出発。「復刊を待っていてくださった読者のみなさん、これからヨガを始める方々に早くお届けしたい。そんな気持ちでいっぱいでした」と古川久美子編集長(45)は言う。【明珍美紀】

 「部数は年々増えていた。休刊する要素はない」。当時の発行元が事業終了することを告げられた古川さんは復刊の道を探り、ウェブメディアの「ヨガジャーナルオンライン」を共同運営していたインタースペースが同誌の意義に賛同。発行元インタースペース、販売元プレジデント社という体制で再スタートが決まった。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです