メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞 3氏に物理学賞 ブラックホール存在証明

 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2020年のノーベル物理学賞を、英オックスフォード大のロジャー・ペンローズ名誉教授(89)、独マックスプランク地球外物理学研究所のラインハルト・ゲンツェル氏(68)、米カリフォルニア大ロサンゼルス校のアンドレア・ゲズ教授(55)の3人に贈ると発表した。アカデミーはペンローズ氏の授賞理由を「一般相対性理論によるブラックホールの存在の証明」、他の2人は「天の川銀河の中心に超大質量の天体があることを発見した」としている。

 ブラックホールは、非常に大きな質量の物質が極限まで小さな領域に押し込められた天体。重力が強く光さえも抜け出せない。ペンローズ氏は1965年、一般相対性理論を用いて、ブラックホールが実際に存在することを証明した。理論を提唱した物理学者アインシュタインもブラックホールの存在を信じていなかったため、アカデミーは「アインシュタインを超えるブレークスルー」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです