自民党から噴き出した菅首相英語ツイッター表現能力への疑問 外務省「サポートしたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相=首相官邸で2020年10月7日午前9時29分、竹内幹撮影
菅義偉首相=首相官邸で2020年10月7日午前9時29分、竹内幹撮影

 自民党外交部会(佐藤正久部会長)で7日、菅義偉首相の英語のツイッターに対し、表現レベルが低いとの苦言が相次いだ。「首相の英語表現は非常に重要。早急に対応すべきだ」として外務省にサポート体制を強化するよう求める声も上がった。

 問題となったのは3日の菅氏のツイッターで、新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領とメラニア夫人に対するお見舞いのメッセージを日本語と英語で書き込んだ。日本語で首相が夫妻の感染を知り「心配した」とした上で、夫妻が「日常を取り戻す」ことを祈っていると気遣った。これに対し、英語は「…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集