メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検察庁法改正案、臨時国会提出見送りへ 定年延長「特例規定」修正案固まらず

国会議事堂=川田雅浩撮影

 政府は26日召集予定の次期臨時国会に、検察官の定年延長を盛り込んだ検察庁法改正案を提出することを見送る方針を固めた。先の通常国会で問題視された、内閣の裁量で特定の検察幹部の定年を最大3年間延ばせる「特例規定」の修正案が固まっていないため。野党が日本学術会議の会員任命問題への追及を強める中、対立法案を先送りする思惑もあるとみられる。

 自民党幹部が明らかにした。与党との調整を経た上で2021年1月召集の通常国会に、国家公務員法改正案などと共に再提出する。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. ORICON NEWS 高学歴コンビ・田畑藤本、年内で解散へ「2人とも芸人は続けます」

  3. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  4. 2割負担、年収170万円以上 高齢者医療、520万人 政府調整

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです