メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「極度の貧困層」7億人超 コロナ拡大影響 世界銀行推計

世界銀行=ゲッティ

 世界銀行は7日、1日1・9ドル(約200円)未満で暮らす「極度の貧困層」が2020年に7億人を超えるとの推計を発表した。21年もこれまでの想定から約1億5000万人上振れし、7億3570万人にまで拡大する可能性がある。新型コロナウイルスの感染拡大や景気後退で20年以上続いてきた改善傾向が反転する。

 世界人口に占める割合は20、21年は最大9・4%に悪化。30年でも約7%へ高止まりする見込みで、同年までに3%へ引き下げる貧困撲滅目標の達成は困難な情勢だ。

 マルパス総裁は途上国への財政支援を続ける考えを強調。新型コロナ後を見据え「(今までとは)異なる経済に備える必要がある」として、新たな産業への労働力の移行促進などを訴えた。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド その不自由さ、正しいか シンガー・ソングライター 小室等さん フォーク歌い半世紀、コロナ禍の日本へ問い

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  4. 消えた家畜~技能実習生の闇 <下>シャワーはビニールテント ボルトを投げつけられ あるベトナム人実習生の告白

  5. 覚醒剤減少も若者に大麻広がる 20代の検挙者が最多 犯罪白書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです