メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ディスタンス」芸術で表現 絵画など100点以上展示 群馬・桐生

イラストレーターの作品を熱心に見学する来館者=群馬県桐生市本町2で2020年10月6日、大澤孝二撮影

 群馬県桐生市本町2の旧倉庫群「有鄰(ゆうりん)館」で、芸術作品を展示する「有鄰館ビエンナーレ2020」(同市、同市有鄰館運営委員会主催)が3日から開かれ、多くの人出でにぎわっている。

 13回目を迎える今回のテーマは「ディスタンス(距離)」。新型コロナウイルスの感染拡大で今まで意識しなかった「人同士の距離」「心理的な距離」を絵画などに表現し、有鄰館に四つある蔵のうち三つを使って桐生にゆかりのある「ファイ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです