新聞協会賞に本紙「にほんでいきる」 編集部門で5年連続32件目、最多更新

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
就学不明になっている外国籍子どもの存在を浮き彫りにするなどした「にほんでいきる」の掲載紙面=東京本社で、手塚耕一郎撮影
就学不明になっている外国籍子どもの存在を浮き彫りにするなどした「にほんでいきる」の掲載紙面=東京本社で、手塚耕一郎撮影

 日本新聞協会は7日、2020年度の新聞協会賞を発表した。優れた報道に贈られる編集部門で、毎日新聞東京本社の「『にほんでいきる』 外国籍の子どもたちの学ぶ権利を問うキャンペーン報道」(企画部門)など6件が選ばれた。毎日新聞の編集部門での受賞は5年連続32件目で、同部門の最多記録を更新した。

 「にほんでいきる」取材班(代表=奥山はるな・前編集編成局社会部)は、外国人労働者の受け入れ拡大を図る19年4月の改正入管難民法施行を前に、日本で生活する外国籍の子どもの少なくと…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集