メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル化学賞に仏米の2氏 ゲノム編集の開発、発展に貢献

ノーベル化学賞受賞が決まった、エマニュエル・シャルパンティエ氏(左)とジェニファー・ダウドナ氏=東京都千代田区で2017年2月2日午後2時4分、根岸基弘撮影

 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、生物の遺伝子を効率よく改変できる技術「ゲノム編集」の開発や発展に携わった、ドイツ・マックスプランク研究所のエマニュエル・シャルパンティエ氏(51)=フランス国籍=と米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ氏(56)に…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです