メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育所に入園しにくい都市は? 待機児童は国公表の12.5倍 親の会調査

調査結果を報告する「保育園を考える親の会」の普光院亜紀代表(中央)ら=東京都千代田区の厚生労働省で2020年10月7日、中川聡子撮影

 保育所に通う児童の保護者らで作る「保育園を考える親の会」は7日、主要100自治体を対象に保育施設の整備状況を調査した結果を公表した。認可保育所への入所を希望した児童のうち、入所が決まった児童の割合を示す「入園決定率」は2020年度で77・5%にとどまり、依然として2割以上が希望の認可保育所に入ることができ…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです