都市対抗に「アロハ」 ハナマウイが初代表切符 お年寄り思いの選手たち

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【YBC柏-ハナマウイ】本大会初出場を決め、喜び合うハナマウイの選手たち=埼玉県営大宮公園野球場で2020年10月7日、北山夏帆撮影
【YBC柏-ハナマウイ】本大会初出場を決め、喜び合うハナマウイの選手たち=埼玉県営大宮公園野球場で2020年10月7日、北山夏帆撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の南関東2次予選は7日、埼玉県営大宮公園野球場で第3代表決定戦があり、ハナマウイ(千葉県富里市)がYBC柏に8―0で快勝し、大会初参戦で本大会出場を決める快挙を成し遂げた。

 先発の平野暖周(あつひろ)が、最後の打者から渾身(こんしん)のストレートで見逃し三振を奪った。勝利の瞬間、選手たちが笑顔でベンチから飛び出し、グラウンドに歓喜の輪ができた。プロ野球・オリックスなどで活躍した本西厚博監督は、大喜びする選手を横目に「泣きそう……なんてね。こっちが緊張しました」と目尻を下げた。

 東京都内でデイ…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1035文字)

あわせて読みたい