特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『インビジブル』『本のリストの本』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『インビジブル』坂上泉・著(文藝春秋/税別1800円)

 坂上泉『インビジブル』は戦争の記憶が残る昭和29年の大阪が舞台。丸焼けになった陸軍施設跡は無法地帯と化していたが、そこで政治家秘書の刺殺体が発見され、大阪市警が動き出す。

 合同捜査で国警のエリート守屋が送り込まれ、この厄介なお荷物と組むのが若手刑事・新城。帝大卒の東京者と中卒の大阪者という異色バディが誕生。そのうち第2、第3の死体。麻袋を被(かぶ)され銃剣の痕があるのが共通点だった。

 次第に、事件の背後に右翼団体や戦犯、政治家の隠蔽(いんぺい)などが浮かび上がる。誰もがあの戦争を経験していた。最初は敵対していた東西コンビがやがて息を合わせ、巨悪に立ち向かうのが読みどころ。民主化に逆らう〝逆コース〟、水爆実験、「君の名は」など、戦後焼け跡社会のにおいが全編に立ち込める。

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1851文字)

あわせて読みたい

注目の特集