メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

株価連動の社債、持ち続けるか悩む

山本建 生活の窓口相談員統括マネジャー

 Q 株価連動の社債 持ち続けるか悩む

 利回りのいい社債だと言われて購入しましたが、株価に連動する商品のようです。このまま持ち続けるかどうか悩んでいます。どのような注意が必要でしょうか。(60代、女性)

高利回りだが、元本割れの危険も

 A ご相談いただいた商品は仕組み債と呼ばれるものではないでしょうか。仕組み債は一般的な債券にはない特別な「仕組み」をもつ債券のことで、よく発行されているものではEB債(イービー債)や株価指数連動債(リンク債)などが有名です。通常の債券と異なり、参照銘柄(株式や各種指数)の値動きによって商品の条件が変動する代わりに、通常の債券よりも高利回りで運用することができます。

 一方、参照銘柄の価格が決められた水準(ノックアウト判定水準、早期償還判定水準)を上回れば償還日より前に償還となり(ノックアウト)、逆に参照銘柄の価格が決められた水準(ノックイン判定水準)以下となれば、償還時に元本割れとなってしまうリスクがあります。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです