メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく全国1位探求

秋田・たっぷり8時間睡眠 高齢社会で早寝早起き 通勤時間、寒さも影響?

全国最長の睡眠時間となったデータの背景には深刻な高齢化があるとみられる=秋田市で、下河辺果歩撮影

 健康な生活を送る上で欠かせない睡眠時間の確保だが、日本で一番よく眠っているのは秋田県民というデータがある。総務省統計局が5年ごとに行っている「社会生活基本調査」の最新版(2016年)では、「睡眠時間たっぷり!?ランキング」で秋田県が1位。47都道府県で唯一、8時間超えとなっている。「日本一眠る県民」の要因はどこにあるのか、探ってみた。【高野裕士】

 同調査によると、1日当たりの睡眠時間の全国平均は7時間40分。一方で秋田県は8時間2分と、平均よりも22分長い。最下位の埼玉県(7時間31分)と比べると、30分以上多く眠っている。

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです