メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 南アルプスのNPO法人、日本語学校生に食料支援 /山梨

寄付された食料品などを受け取るユニタス日本語学校の学生ら=甲府市で2020年10月7日、金子昇太撮影

 認定NPO法人「フードバンク山梨」(南アルプス市)は7日、新型コロナウイルスの影響で生活に困窮しているユニタス日本語学校(甲府市宝1)の留学生に食料品などを配布した。

 配布したのは米やレトルト食品、インスタントラーメンなど。学校内でフードバンクのスタッフが学生らに食料品などを手渡した。

 同校には中国人やベトナム人、タイ人などの留学生約200人が在籍。同校によると、…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです