新型コロナ 困窮の子育て家庭支援 明和町など6者が協定 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「OBENTO PROJECT」に関わるパートナーシップ協定を結んだ6者=三重県明和町役場で2020年9月29日、河田フェザー提供
「OBENTO PROJECT」に関わるパートナーシップ協定を結んだ6者=三重県明和町役場で2020年9月29日、河田フェザー提供

 新型コロナによる収入の減少で生活が困窮している子育て家庭の食事を支援している「OBENTO PROJECT(お弁当プロジェクト)」を応援しようと、明和町内の自治体や企業など6者が、パートナーシップ協定を結んだ。クラウドファンディングで資金を調達する計画で、6者が役割を分担して、継続支援につなげていく。

 協定を結んだのは、明和町社会福祉協議会▽明和町▽明和観光商社▽河田フェザー▽御絲(みいと)織物▽つどい子ども食堂――の6者。例年、数件程度の生活福祉資金貸し付け相談が、すでに110件以上に上っていることなどから同社協は支援が必要と判断。活動資金調達のためクラウドファンディングを企画した。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文605文字)

あわせて読みたい

ニュース特集