メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生エネ利用促進 府などが募集 EE電キャンペーン /京都

「EE電キャンペーン」の専用サイト

 府と京都市は、再生可能エネルギーの利用促進のため、広く府民を募集し、スケールメリットを生かして割安でエコな電気を供給できる業者を入札で見つける「EE電キャンペーン」に乗り出す。都道府県では東京に次いで2番目の試みで、東京では電気料金が7%安くなったという。4人家族で年1万円に相当する。【大川泰弘】

 電気のグループ購入を手がけるアイチューザー(東京)が売買を仲介する。対象は、小口電力を契約している府内の家庭や店舗、小規模企業。応募があった分の電力を供給でき…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです