上関原発 ボーリング調査申請 中国電が県に 来月にも着手か /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国電力(広島市)は7日、上関町で進める上関原発建設計画を巡り、建設予定地の埋め立て海域でボーリング調査をするために必要な占用許可申請書を県に提出した。審査に要する標準処理期間は33日で、11月にも着手するとみられる。

 中国電によると、調査は原発の新規制基準に基づく原子炉設置審査に備えたもので、活断層の有無を調べる。建設予定地である西方約200メートル沖、約6000平方メートルで調査を予定し、期間は約3カ月。上関原発準備…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

あわせて読みたい

注目の特集